なんで生命保険
なんで生命保険
ホーム > 葉酸サプリ > 最も葉酸が必要となる時期とは?

最も葉酸が必要となる時期とは?

なかなか妊娠できないという人は、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。

 

基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。

 

基礎体温表を作るには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意点もあるので、それを守ってつけていくことが肝心です。

 

いまはアプリもあるので気軽にできますね。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

 

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

 

そのため、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

 

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

 

このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

 

水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

 

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は葉酸を摂った方が良いと思います。

 

葉酸サプリは無添加がベスト?ランキングを知りたい!